第26回 IPv6 Hackathon in 新潟

概要

みなさんが普段何気なく使っているIPアドレス。現在主に使われている「IPv4アドレス」は、アドレス管理組織レベルでは既に昨年から在庫が枯渇しており、今後新たなIPv4アドレスの分配はできない状況になっています。このため、今後のインターネットでは「IPv6アドレス」が徐々に主流となっていく方向で、ISPやコンテンツ事業者等のIPv6対応も急ピッチで進められています。

しかしながら、多くのアプリケーション開発者にとっては、まだIPv6は未知の領域で、実際に触ったり、それを意識して開発を行ったりしていないというのが実態ではないでしょうか。

 そこで今回、IPv6 Hackathon in 新潟と題して、新潟県内で活動をされているアプリケーション開発者のみなさんが、IPv6の現状について講演を聴き、理解を深め、実際にIPv6に触り、その場でハックするというイベントを企画いたしました。

 当日は、IPv4枯渇とIPv6対応がアプリケーション開発にもたらす影響、Perl等開発言語のIPv6対応の現状などについて、識者を招いた勉強会を行った後、IPv4/IPv6デュアルスタック環境のサーバ上で自由にコーディングや検証を行っていただき、最後にその成果を発表していただきます。 もちろんセミナーだけの参加もOKです!

 本イベントを通じて、新潟県内のアプリケーション開発者ならびにISP/ホスティング事業者が、ともにIPv6対応に関する知見を共有するとともに、技術者同士の交流と活性化を図りたいと考えています。



講演内容

アプリケーション開発とIPv6

Lightweight LanguageとIPv6(仮)

概要

インターネットにIPv6環境が並存するようになると、インターネットを利用するアプリケーションは動作しなくなるなどの不具合が発生する可能性がある。IPv6対応アプリケーション開発の注意点について紹介。

概要

Lightweight Languageの現時点での IPv6対応状況を, 実例を交えながら概観。


講師プロフィール


廣海 緑里 氏
(株式会社インテック)
日本で最初の商用インターネット立ち上げ、ADSLサービスの立ち上げの参画を経て、
IPv6普及展開をテーマとする株式会社インテック・ネットコア(現株式会社インテック)でIPv6を用いた研究開発に従事、現在にいたる。

講師プロフィール

 
小山 祐司 氏

(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター技術部)

日時

 2012年5月26日(土) 10:00~18:30

会場

 まちなかキャンパス長岡 501教室

タイムテーブル

09:30 開場
10:00-12:00 IPv6セミナー
 アプリケーション開発とIPv6 廣海 緑里(株式会社インテック)
 Lightweight LanguageとIPv6(仮) 小山 祐司(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター技術部)
12:00-13:30 休憩
13:30-18:30 IPv6ハッカソン
 ハッカソン参加者には個々にIPv4/IPv6デュアルスタックサーバを用意します。
 参加者は自由にテーマを決めて、時間中にそれに取り組んでいただきます。
19:00-21:30 懇親会およびIPv6ハッカソン成果発表
会場:壱勢(いっせい 旧船栄) 4000円

主催

 IPv6 Hackathon in 新潟実行委員会、長岡IT開発者勉強会

協力

  •  IPv6普及・高度化推進協議会
  •  株式会社NS・コンピュータサービス
  •  有限会社銀座堂
  •  株式会社グローバルネットコア
  •  株式会社創風システム

ハッカソンの進め方について

 当日会場内には、IPv4/IPv6デュアルスタックの無線LANアクセス環境を提供します。

 ハッカソン参加者には、参加者毎に個別の仮想専用サーバ(IPv4/IPv6デュアルスタック)も提供します。仮想専用サーバは基本的なOSインストールを行った状態で、当日ハッカソン参加者に管理者権限をお渡しします。管理者権限引渡し以降は、ハッカソン参加者が自由にお使いください。なお、対応可能なOSは現在調整中ですが、出来る限りハッカソン参加者のご希望に沿いたいと思っています。

 ハッカソンのテーマは「IPv6」ですが、具体的に実施する内容はハッカソン参加者が自由に決めてください。IPv6に関わるアプリケーションの開発や動作検証などを想定しておりますが、あまり難しく考え過ぎて手が出ないよりは、とりあえず何かやってみる、というスタンスを歓迎します。たとえば、IPv6環境でちゃんと動く(あるいは動かない)ことを確認したサービスの紹介、IPv6アドレスを使った簡単なお遊びアプリ、といった内容でもかまいません。

 ハッカソン参加者には、可能であれば、当日の成果について5分から10分程度の発表を行っていただきたいと考えています(必須ではありません)。この成果発表については、懇親会(別会場)での実施を予定しております。

 ハッカソンへの参加は、個人はもちろん、団体(数名のチーム)でもかまいません。

連絡・お知らせ

 IPv6 Hackathon in 新潟に関する情報は、以下のホームページにて随時更新いたします。参加登録などもこのページにて実施する予定です。

 また、事務局から参加者に向けての諸連絡や、参加者から事務局へのご質問・ご要望は、Twitterを通じて行う予定です。IPv6 Hackathon in 新潟に関するTweetを行う際には、「#v6hck_ngt」のハッシュタグをご利用ください。

懇親会

 懇親会会場でハッカソンの発表会を行います。(希望者のみ) あまりかしこまったものではなく5分程度のLT形式で完結に実施する予定です。(プロジェクターもない予定)

 会場:海鮮・ろばた焼き「壱勢(いっせい)」  長岡市坂之上1丁目3-21セントラルビル (旧船栄です)
 料金:4000円

参加申し込み

セミナーのみ。 ハッカソンのみ。 懇親会のみ。の参加もできます! 
※懇親会への参加は会場の予約の都合上、5/23の18時で締め切ります。 

ガジェットの仕様の URL が見つかりませんでした

公式Twitter アカウント


Twitter ハッシュタグ


ガジェットの仕様の URL が見つかりませんでした
Comments